佐々木かをりのwinwin Marina Mahathir<br />(マリナ・マハティール) さん - イー・ウーマン(ewoman)

佐々木かをりのwin-win 素敵な人に会いました、聞きました

156

Marina Mahathir
(マリナ・マハティール)
さん

ライター・マハティール元首相長女


とにかく何においても競争させる学校でした

マハティール

いいえ、クアラルンプールの南部にある小さな町です。政府管轄の全寮制の学校で、マレー人の女子向けのエリート校でした。 入学試験もあり、入学試験に合格しなければ入れません。学校の名称はTKC、Tunku Kurshiah Collegeといって、 誰もが知るとても優秀な女学校です。

当初、私は初等科を終えた後にその学校に進学する予定でしたが、その時、学校側は前期中等教育からの子女を受け入れなくなったので、 私は後期中等教育になってから入学しました。私が入学してからは、前期も再び受け入れるようになりました。 なので、最初の3年間はそこで学べませんでしたが、結果的には良かったです。

佐々木

つまり、日本でいう高校に、16歳で入学したのですね?

マハティール

そうです。マレーシアでは15歳になると、中等教育の3年目で統一試験が実施されて、その成績等に応じて理系と文系に分かれ、 後期中等教育、つまり高校の進学先が決まるのです。

佐々木

どんな学校だったのですか?

マハティール

エリート校で、進学校で、とにかく何においても競争させる学校でした。 ですから、学校生活すべてにおいて互いに競い合うようになったんです。 寮の掃除、部屋の掃除、運動会、寮同士で、教室対抗、演劇、歌唱力での競争など、すべての場面での競争です。 ですから、私たちはすべてにおいて競争心が芽生えました。

佐々木

競争するというのは、良い体験でしたか?

マハティール

はい、いいことだと思います。リーダーシップが育つんですよね。 その成果この学校の卒業生、OGには、首相の妻、女性省の元大臣、中小企業コープ(Small and Medium Enterprises Corporation)などがいます。

佐々木

まさに女性リーダーを育てる学校なのですね。

マハティール

そす、そんな感じですね。私は2年間しかいなかったけれど、とても楽しい学生生活でした。でも、ちょっと難しいこともありました。 何しろ父が有名だったので、中には羨む人もいたんです。私が偉そうにしているのではと思ったのかもしれませんよね。

佐々木

全然そういう人じゃないのに!

マハティール

ええ(笑)。でもそんな私を思い、父は時折、私の元を訪ねてきてくれました。

佐々木

え! それは皆、逆に驚いてしまうんじゃないですか?

マハティール

そうなんですよ! みんな窓から顔を出して、私たちをずっと見ていました。それもいい体験でした。


  • 4 / 18


バックナンバー

過去の一覧

ページの先頭へ